六協インフォメーション

その他各種情報

インターンシップ 諏訪実業高等学校から2名の実習生がやってきました

諏訪実業高校の1年生、田中亜沙樹さん、月岡安花里さんの2名がインターンシップという事で、10月6日にやってきました。これまで当社では職場体験として中学生の受入はしてきましたが、高校生は初めてです。
 今までのプログラムをレベルアップさせて、対応させて頂きました。また、1日間ということでしたので、建設の仕事とはどんなものかを重点的に体験して頂きました。二人とも素直にそして丁寧に説明を聞いていました。
 建設の業界は今、女性の力を求めています。当社としても、女性が働きやすい環境の整備に力を入れ、特に女性技術者の雇用を推進しています。今回のインターンシップの経験が我々にとってもいい勉強の場となりました。
 職業の選択という人生の大きな分岐点にいずれ立つ彼女たちが、建設業という道を選ぶかどうか分かりませんが、働くという事の意味、目的を持つことの大切さを知る機会になれたなら幸いです。
彼女たちの今後の輝かしい未来に大いに期待しています。

2016.10.11
小型重機の前にて

【求人情報】 社員募集 "共に生きる″ 

勤  務  地   六協本社(下諏訪町) 
       ※現場は諏訪地域が主

職        種   土木施工管理・建築施工管理
         解体施工管理

給   与  大学卒  200,000円
       専門卒  180,000円
       中途採用 250,000円
           (プラス経験年数、資格等を考慮し決定します。)

賞   与  年2回(8月・12月)

昇   給  年1回(5月)

諸  手  当  資格手当・通勤手当・皆勤手当・家族手当

勤務時間  8:00~17:00

休日休暇  年間休日 102日 年次有給休暇

福利厚生  社会保険完備 ・ 資格取得支援制度
         財形貯蓄 ・ 社員持ち株会制度
         社内行事(社員旅行、新年会、納涼会)

2016.09.23

職場体験学習part5 下諏訪中学校から2名の実習生がやってきました

下諏訪中学校2年生の小林朋也君と百瀬楓馬君の2名が職場体験学習ということで、10月21日から22日の2日間、実習生として建設会社の仕事を体験しにやってきました。今回で職場体験学習として中学生を受入れるのは5回目となります。会社としても人数や日数に応じてカリキュラムを組めるようになってきました。建設業という職業を広く知ってもらう為には大切な場であると感じています。
 初日の午前中は社会人としてのマナー学習を行い、名刺交換のやり方や挨拶の仕方などを学習しました。午後からは建築現場、土木現場、解体現場にてそれぞれの工事の内容説明を聞いたり、実習を行ったりと忙しい2日間だったと思いますが、二人とも集中して説明を聞いていました。
 この職場体験学習という機会は我々にとっても貴重な時間となっています。自らの仕事を説明することで、仕事へのプライドとプロとしての自覚を芽生えさせることに繋がっていると感じています。若手社員教育の一貫にもなり、中学生だけではなく我々自身も学ぶことが多くあります。今後もこのような機会を活かして行きたいと改めて感じました。

2015.10.28
土木工事現場にて工事内容の説明を受ける2人の実習生

職場体験学習part4 岡谷東部中学校から2名の実習生がやってきました

 岡谷東部中学校2年生の増澤真那斗君と中村駿一君の2名が職場体験学習ということで、5月19日から20日の2日間、実習生として建設会社の仕事を体験しにやってきました。初日は緊張した面持ちでしたが、2日目からは現場での実習もあり、元気な姿を見る事が出来ました。建設業という仕事は多くの人が協力して、一つのモノを造ります。それぞれのプロが自分の仕事を責任をもって行っており、安全に決められた期間の中で仕事をします。この2日間の体験学習を通して、働くとはどういうことか、責任をもって仕事に取り組む姿をみることで感じてもらえれば幸いです。

2015.05.25
建築の現場にて説明を受ける2人の真剣な表情

職場体験学習part3 下諏訪中学校から2名の実習生がやってきました

 下諏訪中学校2年生の河西哲弥君と山田竜也君の2名が職場体験学習ということで、10月21日から23日の3日間、実習生として建設会社の仕事を体験しにやってきました。
 これまでに2回、体験学習を受け入れさせて頂き、今回で3回目となりました。当初は少しでも建設という仕事に対して興味を持ってもらいたい、仕事に取り組む姿勢を学んでもらいたいという思いでいましたが、受け入れている我々にとっても非常に学びが多い時間となっています。
 それぞれの部門の担当者に自分の仕事の説明をしてもらうのですが、改めて自分が普段している仕事を振り返り説明することで仕事に対するプライドや、こだわり、初心を思い起こさせる事に繋がりました。職場体験学習は実習生も会社も成長させてくれる素晴らしい機会ですね。今回も河西君、山田君の2名と共に学べたことに感謝です。
ありがとう。

2014.10.28
解体工事の現場にて工事内容の説明を真剣に聞く実習生  解体はただ壊すだけではなく、分別することで資源となる。廃棄物を少なくする努力をしたり騒音、振動などに対する配慮をしている事を学びました。
1  2